メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC UV 検出器でランプ時間がリセットされません - WKB1570

Article number: 1570To English version

症状

  • チップ付属の新しいランプが取り付けられた。ACQUITY Console ソフトウェアのランプ使用時間がリセットされなかった。[保守] > [ランプ交換]は、コンソールソフトウェアの PDA の[保守]メニューでは使用できなくなった。

環境

  • Thermally controlled ACQUITY UPLC PDA
  • ACQUITY UPLC eLambda PDA 検出器
  • ACQUITY UPLC TUV 検出器
  • MassLynx 4.2

原因

  • ファームウェアの不具合
  • 追跡番号 26129 & 26130 に記載されています

解決策

  1. ファームウェアをバージョン 1.6 に更新します。
  2. ファームウェアを更新できない場合は、以下の回避策を実行して、ランプ時間が適切に機能するようにします。
    1. 検出器の電源を切ります
    2. フローセル ID ケーブルのプラグを外します
    3. PC または LAC/E を再起動するか、[ACQUITY プロセスを停止]コマンドを使用します
    4. 検出器の電源を入れます。
    5. PDA 用コンソールを開くと、ランプの交換機能が動作するはずです。
    6. フローセル ID コードを再びプラグ接続します。
  3. お客様が Lace の再起動を許可しない場合は、ランプを交換します。

追加情報

  • 回避策を実行すると、フローセル ID 機能が動作しないことがあります。
    • Waters テクニカルサービス (0120-800-299) にお問い合わせください

ID チップ付きランプがこの検出器にある場合、この問題は回避されます。(製品番号 201000273)