メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

PEG などによる激しい汚染に対し、酸/塩基洗浄プロトコールを使用して ACQUITY UPLC を洗浄する方法 - WKB16167

Article number: 16167To English version

目的または目標

ACQUITY UPLC が不良な溶媒により PEG で汚染されている場合、バックグラウンドが常に検出されます。良好な溶媒に切り替えても、Vion、Xevo G2-XS、Synapt G2-Si のような高感度質量分析計では、PEG バックグラウンドは、なかなか消えません。BioAccord (RDa) または Vion を用いたモノクローナル抗体の直接分析で、フロンティングスペクトルピークが観測される場合、このプロトコルは使用できます。もちろん、このプロトコルは他の汚染物にも使用できます。この手順では、酸/塩基 洗浄プロトコールに従って ACQUITY を洗浄する方法について説明します。

環境

  • ACQUITY UPLC
  • ACQUITY UPLC I-Class
  • ACQUITY UPLC H-Class

手順

  1. UPLC カラムを取り外し、ユニオンに交換します。各洗浄ステップに、すべての溶媒ラインを各溶媒ボトルに入れます。クリティカルクリーンガラスボトルキットを使用します(Ordering_Brochure)。すでにしばらく使用されているシンカーストーンも同様に取り外す必要があります。
  2. ライン A とライン B を、以下に記載されている順序どおりに、それぞれ 5 分間溶媒でパージします。FTN では、ニードル洗浄ライン を 60 秒パージし、サンプルシリンジを 40 回パージします。分析またはサンプルのリストを作成し、マシンで実行されているものと同じ溶媒 10 μL を 20 回注入します。分析時間 1 分、A1:B1 50:50 で流量 0.8 mL /分。LC 送液を質量分析計ではなく廃液に導きます。UV や PDA のような光学検出器の場合、送液は検出器を通過できます。水によるフラッシュ洗浄は、システムから前の溶媒を除去するためのみに必要です。それに必要な注入はありません。
    1. 水でフラッシュ洗浄してお客様の移動相をシステムから除去します。
    2. マジックミックス。水 - アセトニトリル - メタノール - IPA 1:1:1:1、2 ~ 5% FA 含有
    3. 水でフラッシュ洗浄して、酸をシステムから除去します。
    4. 10% NH4OH 水溶液(これにより、PEG および他のポリマーが除去される)。
    5. ライン A1 および A2 を 10% NH4OH で、ライン B1 および B2 を 100% IPA で(H-class の場合、A および B を 10% NH4OH で、C および D を 100% IPA で)洗浄します。これは、PEG を除去するための非常に強い組み合わせ溶媒です。
    6. 水でフラッシュ洗浄して、塩をシステムから除去します。
    7. 100% IPA
    8. 最後のすすぎとして水でフラッシュします。
  3. メタノールまたは IPA を溶離液として使用していない場合は、古いシンカーストーンを新しい SS ストーンまたはチタンストーン (289002172) に交換してください。

追加情報

実際には 10% アンモニア溶液が最終濃度である必要があります。このため、28 ~ 30% のアンモニアのストック溶液を使用する場合、それは3倍希釈にすぎません。非常に激しい臭いのため、調製するためにドラフトを使用し、機器にボトルを置くときには、さらに十分注意してください。

このプロトコルを M-class で使用しないでください。PeekSil とシリカチューブは、これほど高い pH には対応していません。

ステップ 8 で、すすぎ用の水の pH をモニターして、カラムと MS を再び流路に取り付ける前に、ラボの pH に戻っていることを確認します。

全ての水性移動相を毎週再調製し、マジックミックス(25/25/25/25 水/イソプロピルアルコール/メタノール/アセトニトリル)または 100% 有機溶媒(メタノールまたはアセトニトリル)でボトルを 3 回すすぎ、再充填する前に使用する溶媒ですすぎます。移動相溶媒は絶対に満タンにしないでください。移動相ボトルは絶対に皿洗い機に入れないでください。

acetonitrile, intact, isopropanol, mAb, methanol, needle wash, sample syringe, UPBINARY, UPIBSM, UPIBSM+, UPISMFL, UPISMFL+, UPISMFTIVD, UPISMFTN, UPISMFTN+, UPQSM, UPQSM+, UPQSMBIO, UPQSMBIO+, UPSMFTN, UPSMFTN+, UPSMFTNB+, UPSMFTNBIO, UPSMPMGR, イソプロパノール, インタクト, ニード ル洗浄, ニードルウォッシュ, フロースルーニードル