メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY UPLC H-Class / ACQUITY UPLC I-Class SM-FTN:サンプル吸引率超過 - WKB399

Article number: 399To English version

症状

  • 「サンプル吸引率超過(Drawing sample rate excessive)」メッセージはユーザーに対する警告です。システムの注入またはパージ洗浄は、停止することなく続行されます。
    • これは警告と見なされ、コンソールログに記録されます。

環境

  • ACQUITY UPLC H-Class サンプルマネージャ – フロースルーニードル (SM-FTN)
  • ACQUITY UPLC I-Class サンプルマネージャ – フロースルーニードル (SM-FTN)

原因

サンプル吸引率超過は、おそらく溶液の粘性が高くシリンジの吸引速度が速すぎることによって引き起こされた可能性があります。

解決策

  1. メッセージの表示の発生回数を減らすには、シリンジの吸引速度を最適化します。
  2. 装置またはインレットメソッドで、シリンジの吸引速度を下げます。

追加情報

  • 「サンプル吸引率超過(Drawing sample rate excessive)」メッセージは、アプリケーションで通常に発生する可能性があります
  • 正しいサンプルニードル、拡張ループ、およびシリンジが設定され、取り付けられていることを確認します。
  • 経路はサンプルシリンジ、圧力トランスデューサー、計量シリンジバルブ、インジェクターポッドカートリッジ(ポート位置 3 および 4)と、ニードルを経由します。
  • 最低では 10μl/分なので、この速度から始めてください。
  • ニードルがバイアルの底に触れていないことを確認します。ニードルを 4 mm まで上げ、シリンジの速度を 10μl/分まで遅くすると、ニードルを戻して下げて、何が修正したかを確認できます。

transducer

  • この記事は役に立ちましたか?