メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY フロースルーニードル(FTN)サンプルマネージャでサンプルニードルを交換する方法 - WKB7319

Article number: 7319To English version

目的または目標

FTN のサンプルニードルを交換する。

環境

  • ACQUITY UPLC H-Class FTN サンプルマネージャ
  • ACQUITY UPLC I-Class FTN サンプルマネージャ

手順

  1. コンソール画面で、システムツリーから[サンプルマネージャ-FTN]を選択します。
  2. [保守] > [交換] > [ニードル]をクリックします。
  3. サンプルコンパートメントのドアを開きます。
  4. アクセスパネルを固定している 2 本の固定ねじを T20 TORX ドライバーで緩め、パネルを取り外します。

  1. プレートがロードされている場合は、サンプルプレートを取り外します。
  2. インジェクターポート 4 から、ニードルアセンブリーのフィッティングを緩めて外します。

  1. サンプルコンパートメントの内側で、コンパートメントの天井にあるニードルチューブガイドカバーを、時計回りに回転させて開きます。

  1. ニードルラッチを押し戻してニードルマウント用シリンダをマウント用キャビティから解放させ、およびニードルチューブをそのノッチから取り外します。

  1. ニードルメカニズムの下部にあるニードルガイドから、ニードルの端を持ち上げます。

怪我やニードル端の損傷を防ぐため、サンプルニードルの端に不用意に触れたり、必要以上の力を加えたりしないで下さい。

  1. T10 TORX ドライバーでニードルチューブクランプのねじを緩め、チューブを取り外します。

  1. T6 TORX ドライバーでニードルガイドの止めねじを緩め、ニードルガイドを取り外します。

  1. 新しいニードルガイドを取り付け、止めねじを締めます。
  2. 新しいニードルアセンブリーを両手で保持してサンプルコンパートメント内での位置をコントロールし、フィッティングがバルブ方向に向くように、チューブクランプの開口部にマウント用スリーブを固定します。注意:ニードルアセンブリーを落としてニードルの先端に損傷を与えることがないように、この手順の段階でクランプねじを締めないでください。

  1. コンパートメント上部から挿入する際には、サンプルコンパートメントの内部でニードルを支えるようにしてください。
  2. ニードルキャリッジのレールの左側にニードルチューブが配置されていることを確認し、コンパートメントの天井にあるガイドチャンネルに固定されていることを確認します。

  1. 保護キャップを、ニードルの端から取り外します。
  2. ニードルマウント用シリンダを、マウント用キャビティに挿入します。

注意:装置の故障防止の観点から、Z フラグの上にチューブのゆるやかなループ状部分を配置しないでください。

  1. Z フラグの下の 2 つのノッチにチューブを通します。
  2. ニードルラッチを手前に引いて、ニードルアセンブリーを固定します。

  1. T10 TORX ドライバーでニードルチューブクランプのねじを締めます。
  2. ニードルメカニズムの下部にあるニードルガイドに、ニードルの端を挿入します。

  1. ニードルチューブが注入バルブのポート 4 に完全にはまっていることを確認してから、フィッティングをポートにねじ込んでしっかりと締めます。
  2. T20 TORX ドライバーを使用して、アクセスパネルをユニットの正面に固定する 2 本のねじを締めて、アクセスパネルを元の位置に取り付けます。

必要条件:シールポートチューブがアクセスパネル側の隙間の下を通っていることを確認します。

  1. サンプルコンパートメントのドアおよび送液コンパートメントのドアを閉じます。
  2. ニードルの z 軸のキャリブレーションを実施します(ACQUITY UPLC オンラインヘルプを参照)。
  3. ニニードルシールのキャラクタライズを実施します(ACQUITY UPLC オンラインヘルプを参照)。
  4. ニードルシールの準備テストを実施します(ACQUITY UPLC オンラインヘルプを参照)。
  • この記事は役に立ちましたか?