メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

HPLC 注入正確度試験を実行する方法 - WKB8833

Article number: 8833To English version

目的または目標

HPLC 注入正確度試験を実行します。

環境

  • Alliance HPLC システム
  • 2695 セパレーションモジュール
  • 2695D 溶出セパレーションモジュール
  • 717plus オートサンプラー

手順

標準 250 µL シリンジの使用時の注入量正確度
注:この試験の正確度を向上するには、バイアルができるだけきれいであることを保証するために、バイアルを鉗子で取り扱います。
1. 標準バイアルにメタノールまたは水を満たします。
2. Teflon セプタムとキャップでバイアルをシールします。
3. 分析天秤をゼロ調整し、バイアルを慎重に量り、重量を記録します。
4. バイアルを回転ラックに置き、流速を 1.0 mL/分に設定します。
5. システムを、バイアルから 50 µL 注入を 6 回するようにプログラムします。(約 1 分以下の実行時間を使用)
6. 最後の注入の後にバイアルを計量し、その重量を記録します。
以下の式の 1 つを用いて(使用される溶媒により異なる)、1 回の注入あたりの平均注入量を計算します。
((W1-W2)/ 6)×(1/溶媒の密度)= μL 注入
メタノールを使用
メタノールの密度は 0.7890 です
((W1-W2) /6) × 1.2687 = µL 注入
水を使用
水の密度は 1.0000 です
((W1-W2) /6) × 1.0000 = µL 注入
結果:50 μl +/- 2 µL

追加情報

これは通常、Waters のエンジニアによって「リフトテスト」と呼ばれています。

仕様はシリンジサイズによって異なります。追加情報については、装置の仕様と PM プロトコルを確認してください。