メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

QTof または Synapt をシャットダウンまたは真空解除する方法 - WKB1047

Article number: 1047To English version

目的または目標

QTof を、オペレートした真空状態から真空解除してオフの状態にする。

環境

  • MassLynx 4.1
  • Q-Tof Premier
  • LCT Premier
  • Synapt
  • Synapt G2
  • Synapt G2 S
  • Synapt G2 Si
  • Xevo QTof
  • Xevo G2 QTof
  • Xevo G2 S QTof
  • Xevo G2 XS QTof

手順

  1. QTof/Tof を完全にスタンバイ状態にします。これを行うには、[MS Tune]画面に移動し、[Setup](中央の一番上のドロップダウンメニュー)と[Instrument standby]を選択するか、[MS Tune]画面の右下隅にある緑色の[Operate]ボタンを選択します。
  2. すべてのガスをオフにして、真空表示の画面をキャプチャーし、真空解除する前の真空を記録します。これを行うには、[MS Tune]画面に移動し、[View](上部のドロップダウンメニューの左から 2 番目)を選択します。

  3. [Vacuum]タブを選択します。

  4. Ctrl キーと Alt キーを押しながら Print Screen キーを押し、ワードパッドに貼り付けて保存します。

  5. S 装置(2 台の粗引きポンプが搭載された装置)で、ソースアイソレーションバルブを閉めます(装置前面のソースエンクロージャードアを開き、サンプルコーンの後ろのアイソレーションバルブを閉じる)。

  6. [Vacuum]([MS Tune]画面の中央の一番上のドロップダウンメニュー)より、[Vent]を選択して、真空を解除します。

  7. システムの真空が解除されたら、MassLynx を閉じて、LC が送液されておらず、サンプルコンパートメントにサンプルがないことを確認します。

  8. EPC から始めて次に電子機器、さらに Synapt、QTof P または LCT P 装置の真空の順に、MS の電源(背部にブレーカー)をオフにします。Xevo 装置では、Xevo の背面の中央下部にある下部トグルスイッチのみで切り替えます。このスイッチは少し引っ張りながら操作します。または、Xevo のプラグを外すこともできます。これは、Synapt、QTof P、または LCT P では必要ありません。

  9. LC の電源を切ってから、PC の電源を切ります。

  10. 真空解除中は、装置に 100 psi の窒素が封入された状態にしておきます。

追加情報

原則的に上記の手順を逆に実行して、システムを真空引きできます。または記事#1049 - QTof を真空引きする方法を参照してください。