メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

QTof または Synapt を真空引きする方法 - WKB1049

Article number: 1049To English version

目的または目標

完全に電源を落としたシステムを真空引きしてオペレート状態にする。

完全シャットダウンから QTof を起動する。

環境

  • MassLynx 4.1
  • Q-Tof Premier
  • LCT Premier
  • Synapt
  • Synapt G2
  • Synapt G2 S
  • Synapt G2 Si
  • Xevo QTof
  • Xevo G2 QTof
  • Xevo G2 S QTof
  • Xevo G2 XS QTof

手順

  1. ホスト PC の電源を入れ、Windows にログインします。
  2. LC の電源を入れて初期化します。
  3. 真空オーバーライドスイッチが[Auto](自動)位置にあることを確認します。これは、XEVO 装置上の上部トグルスイッチで、Synapt および QTOF P 装置の 4 つの電源スイッチの上に取り付けられます。LCT P では、電源モジュールの装置の内側にあり、カバーを取り外さないとアクセスできません。真空オーバーライドスイッチを[Override](オーバーライド)位置にした状態で装置の電源を入れると、真空ポンプがプログラムされた遅延シーケンスなしで即座に起動され、ポンプが損傷することがあります。
  4. Synapt、QTof P、または LCT P の場合:真空を切り替えてから electronics breaker を押し、1 分待ってから、EPC と aux のブレーカーを入れます。Xevo の場合は、MS の電源コードが差し込まれていて、背面(中底)の両方のトグルスイッチが上の位置にあることを確認してください。
  5. 5 分間、または Synapt G2/S/Si で白/紫色のライトが点滅しなくなるまで待ちます。
  6. MassLynx を起動し、[MS Tune]画面を開きます。
  7. [MS Tune]画面の(中央上部のドロップダウンメニュー)で[Pump]を選択し、装置の真空引きを開始します。MS は、アイソレーションバルブを閉じてアルゴンまたは CID /トラップガスがオンの方が、速く真空引きします。アイソレーションバルブは、[Operate]モードに入る前に必ず開きます。G2/S/Si QTof の場合は、MS コンソールで[Operate](オペレート)を選択して真空引きします。この方法は [MS Tune]画面から真空引きするよりも優れています。良好な真空状態になると装置が[Operate](オペレート)になるためです。システムが 20~30 分間真空引きされたら、必ずイオンブロックアイソレーションバルブを開けてください。
  8. コンソールを使用して真空引きしていない場合は、Tof 真空が 1.2e-6 mBar 未満になれば、アイソレーションバルブを開き、装置を[Operate](オペレート)モードにします。
  9. Q-Tof Premier、Synapt G1、または LCT Premier の場合は、MCP をコンディショニングする必要があります。
  10. MS の[Operate](オペレート)状態が 1 時間経過すれば、キャリブレーションを行うことができます。システムをしばらく(数日間)真空解除した場合は、質量分析計が前の真空に近づいてからキャリブレーションします。

追加情報

装置の真空解除とシャットダウンについては、記事 #1047 - QTof をシャットダウンする方法を参照してください。