メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

終夜分析後に、MassLynx で送液を停止する方法(シャットダウンメソッドをセットアップする) - WKB26741

Article number: 26741To English version

目的または目標

MassLynx で、バッチ後の LC 送液を停止します(シャットダウンメソッドを実行する)。

環境

  • MassLynx

手順

  1. MassLynx のメインウィンドウで、MassLynx ページの右下隅にある[Shutdown Settings](シャットダウン設定)を選択します。ここではシャットダウンが使用不可になっています。または、MassLynx ウインドウの[Instrument](装置)タブに移動して、[Edit Shutdown](シャットダウンの編集)または[Startup](スタートアップ)を選択します。

shutdown.PNG

  1. 既存のシャットダウンメソッド(.acl ファイル)を開くか、新しいメソッドを作成します。
  2. [Auto Control Tasks](自動コントロールタスク)に移動し、必要に応じてタスクを編集します。
  3. シャットダウンメソッドを保存します。
  4. [Shutdown](シャットダウン)タブで、[Enable Shutdown After Batch](バッチ後にシャットダウンを有効にする)を選択します。
  5. [Browse](参照)を選択し、シャットダウンメソッドを引き込みます。
  6. シャットダウンメソッドを実行する前に、バッチ後の待機時間を選択します。
  7. [Save](保存)を選択し、ウィンドウを閉じます。

shutdown method2.PNG

追加情報

必要に応じて、エラーシャットダウンに同じシャットダウンメソッドを使用できます。[Shutdown](シャットダウン)タブの[Shutdown Method Editor](シャットダウンメソッドの編集)で、[Configure Error Shutdown](エラーシャットダウンの設定)を選択します。そのエラーに対するシャットダウンメソッドを、有効にして参照します。