メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

G2 QTof で分析を開始するとき、脱溶媒温度が変化する

Article number: 3049To English version

症状

  • 脱溶媒温度は、分析開始前に起動から良好に落ち着きます
  • 運転開始時に脱溶媒温度が変化する

環境

  • MassLynx 4.1
  • Synapt G2
  • Synapt G2 S
  • Synapt G2 Si
  • Xevo G2
  • Xevo G2 S
  • Xevo G2 XS

原因

MS メソッドで選択された分解能モードは、[MS Tune]画面で開いているものとは異なります。

分析が始まると、[MS Tune]画面モードが変わり、新しい[MS Tune]画面設定に対して温度が変わります。

解決策または回避策

  1. サンプルリストで、使用する [MS Tune]画面を定義します。(MassLynx ページで、[サンプル] > [形式]に移動し、[MS チューンファイルのカスタマイズ]が選択されていることを確認します。)
  2. サンプルリストに正しい[MS Tune]画面が設定されていることを確認します。何も設定されていない場合は、開いている[MS Tune]画面が使用されます。
  3. MS メソッドを開き、選択されている分解能モードを確認します。
  4. [MS Tune]画面を開き、関連する分解能モードに切り替えて、温度を落ち着かせます。
  5. 分析を開始します。

追加情報