メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

LC ラインが質量分析計のダイバートバルブから飛び出し続け、リークを引き起こす - WKB6559

Article number: 6559To English version

症状

  • ダイバートバルブのポート 1 でのリーク
  • 質量分析計でビームがない、またはビームが弱い
  • クロマトグラフィーが不良

環境

  • 質量分析計
  • LCMS

原因

質量分析計のプローブへの PEEK ラインが詰まっている。

解決策または回避策

  1. ダイバートバルブ(ポート 2)から質量分析計のサンプルプローブまでのラインを交換します。
  2. LC からダイバートバルブまでのフィッティングを再び取り付けて、しっかり締めます。

追加情報

黒色 PEEK チューブのパーツ番号は 700003799 - Tubing, Roll, 0.004 x 60in です。

赤色 PEEK チューブのパーツ番号は 70004480 - Probe PEEK Tube, 1/16" x 0.005in です。