メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Xevo G2 QTof の電気要件は何ですか? - WKB6575

Article number: 6575To English version

環境

  • Xevo G2 QTof。

回答

電源要件電源
電源
Xevo G2 QTof およびロータリー/スクロールポンプには、それぞれ 1 個の電源ソケットが必要です。組み込まれている PC には、さらに電源ソケットが必要です。電源ソケットは、装置から 2 m (6.5 ft.) 以内に設置する必要があります。主電源ケーブルの接続を外すことが困難な位置に、装置を配置しないでください。データシステムには通常、装置の PC およびモニター用に、Xevo G2 QTof に隣接して 2 個の電源ソケットが必要です。プリンターなどのオプションの装置用に、さらにコンセントが必要な場合があります。通常の LC システムには、3 個以上の追加ソケットが必要なことがあります。詳細については、関連する LC マニュアルを参照してください。重要:主電源の電圧変動は ±10% を超えてはなりません。
装置の電源要件は、次の表に要約されています。装置の電源要件は、以下の表に要約されています。重要:電源の供給安定性は装置の動作にとって極めて重要です。公称電源電圧は常時、上記の表で指定されている範囲内(時折発生するサージ電圧 10% を考慮して)でなければなりません。電源は保護接地する必要があります。また、各国の規制に従い、ヒューズの取り付けまたは指定された定格のサーキットブレーカーへの接続が必要です。主電源には ±10% を超える電圧低下/サージがあってはならず、指定された最大動作範囲を 0.3 秒以上超えてはなりません。公称電圧の半分以下までの過渡的な電圧低下は、20 ミリ秒未満の必要があります。主電源でのリップルは 1.0 V RMS 未満でなければなりません。また、以下の手段で装置に保護を追加することもお勧めします。

  • 英国および欧州の残留電流検出装置 (RCD) その他の国向けの漏電回路遮断機 (GFCI)。

装置が変圧器に接続されている場合は、RCD/GFCI を変圧器のプライマリ(供給)側に接続する必要があります。電気変圧器
すべての条件下で電源電圧が指定された動作範囲に適合しない可能性がある場合は、変圧器を使用して、一次供給電圧を指定された範囲に変更する必要があります。主電源調整器/安定器もオプションのアクセサリーとして使用できます。電源に関する問題が発生する可能性があり、追加アドバイスが必要な場合は、事前に通告して Waters にお問い合わせください。装置に変圧器が搭載されている場合は、RCD/GFCI を変圧器のプライマリ(供給)側に取り付ける必要があります。ご注文に窒素ガスジェネレーターが含まれていて、主電源が 220 V 以下の電圧を継続的に供給することがわかっている場合は、Waters および Peak Scientific はジェネレーターと主電源の間に以下の変圧器を取り付けることを推奨します。注意:220 V 未満の電圧で窒素ガスジェネレーターを連続的に作動することは推奨しません。また、このような極端な状況で長期間使用すると、動作に影響することがあります。システムプラグのオプション システムプラグのオプションを次の表に示します。装置は、注文時に要求されたプラグ付きで出荷されます。ユーザーは、使用する関連種類のプラグに適切なソケットを、準備する必要があります。使用可能なソケットが供給されるプラグに適合しない場合、お客様は装置に適切なコードセットを準備する必要があります。コードセットは地域の規制に適合する必要があります。コンピューター装置の定格は、通常 100 〜 120 V / 220 〜240 V、50/60 Hz です。場合によっては、装置を電源に接続する前に、電圧セレクタースイッチを使用して適切な電圧を設定する必要があることがあります。詳細については、装置に付属する指示書を参照してください。注:補助機器(コンプレッサーなど)を取り付ける必要がある場合は、追加の電源コンセントが必要な場合があります(可能性として 3 相が必要)。設置開始前に、これらの補足的なニーズを、最寄りの Waters 代理店に確認してください。無停電電源装置 地域の電源の不安定さによって、システムの信頼性と性能が影響を受けることを防止するため、Waters は無停電電源装置 (UPS) の使用を推奨します。この推奨を支持するため、Waters は、Waters MS システムで使用するために特別に設定され評価された UPS ユニットを供給します。詳細については、お近くの Waters フィールド営業担当者にお問い合わせください。これらの UPS ユニットは、単相ライン電圧を AC 230 V に昇圧し、MS システムの電力調整と保護を行います。
北米の場合、UPS システムには L6-30 (30 amp) の壁コンセント 1 つが必要です。他の地域では、通常 UPS システムは、システムに必要な標準 MS 装置電源コードと壁面ソケットを使用して、実験室の主電源に接続します。

追加情報

Xevo G2 QTof site prep guide(『Xevo G2 QTof 設置環境ガイド』)を参照してください 。