メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

注入後に MS ステータスが、「waiting for inlet start 1」のまま - WKB668

Article number: 668To English version

症状

  • オートサンプラーにより注入
  • LC メソッドは開始
  • MS メソッドは開始されない
  • MS ステータス(サンプルリストページの下部)は「Waiting for Inlet start 1」のままです

環境

  • ZQ 2000
  • Quattro Micro
  • ACQUITY QDa
  • MassLynx 4.1
  • ACQUITY UPLC

原因

注入開始ケーブルが不適切な I/O ポートに誤って接続されているか、ケーブルが接続されていない。

解決策

注入開始ケーブルを、ZQ2000/Quattro Micro の背面にある「Event In 1」 I/O ポートにプラグ接続します。

追加情報

インレットメソッドの Tools > Configuration > Events > Triggering で、[Event in 1] を選択します。