メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY モジュールおよび Alliance の温度範囲はいくらですか? - WKB14255

Article number: 14255To English version

環境

  • Empower 2
  • Empower 3
  • MassLynx
  • ACQUITY
  • H-Class
  • I-Class
  • ARC
  • Alliance HPLC システム

回答

サンプルマネージャの警告範囲 = ± 値

  • 例えば、分析メソッドのサンプル設定温度が 8 ℃ で、警告範囲が 2 であるとします。サンプルチャンバーの温度が 10 ℃ を超えるまたは 6 ℃ を下回ると、分析は続行されません

サンプルマネージャは、サンプルチャンバー温度が設定温度の ± 範囲内になると、すぐに注入を開始します。分析の開始時に温度がこの範囲外にあると、コンソールは最大 60 分間待機し、「Waiting for Sample Compartment Temperature」(サンプルコンパートメント温度の待機中)というメッセージが表示されます。サンプルマネージャは、分析中にチャンバーの温度を再度確認しません。


カラムマネージャの警告範囲 = ± 値/2

  • 例えば、カラム温度が 40 ℃ で警告範囲が 2 ℃ に設定されている場合、カラムモジュールが 39 ℃ ~ 41 ℃(設定値の ±1の場合にのみ注入が続行されます。

カラムマネージャは、カラム温度が警告範囲の値の ½ 以内であるかどうかを確認します。分析の開始時に温度がこの範囲外の場合、カラムマネージャが温度範囲内に冷却または加熱される間に、「Waiting for Column Temperature」(カラムの温度待ち)が表示されます。コンソールは最大 60 分間待機し、「Waiting for Column Temperature」(カラムの温度待ち)というメッセージが表示されます。この時間内にこの範囲に到達できない場合は、「Column Temperature Range Error」(カラム温度範囲エラー)が表示されます。

分析中に温度が変化して警告範囲外になると、データの取り込みが停止し、カラムヒーターの動作が停止し、、「Column Temperature Range Error」(カラム温度範囲エラー)というメッセージが表示されます。

 

Alliance の範囲は ± 値です。

Alliance HPLC では、「Range」(範囲)という用語が使用され、サンプルまたはカラム温度の最大許容偏差を指定します。温度偏差が範囲を超えると、警告条件がトリガーされます。警告条件もユーザーが選択できます。

  • 例えば、設定温度が 20 ℃ で範囲が 5 ℃ に設定されている場合、Alliance は 15 ℃ ~ 25 ℃ で動作します

 

追加情報

WKB69025 を参照してください

Empower で制御される Agilent システムでは、± 値が使用されます。詳細については、Agilent ハンドブックを参照してください

id14255, 2690, 2690D, 2690DUPGD, 2690UP, 2695, 2695D, 2695DE, 2695DEB, 2695DUP, 2695E, 2695EB, 2695INERT, 2695UP, A-10SSM, A-30MCM, A-30SM, ALLCOLCLR, ALLCOLHTR, ALLCOLHTRB, column heater, sample manager, UPCMA, UPCMAIVD, UPISMFTN, UPLCCHIVD, UPPCMA, UPPFTN, UPSMFTN, UPSMFTN+, アジレント, サンプル室