メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

保持時間のシフト、ピークの共溶出(M-Class) - WKB7504

Article number: 7504To English version

症状

  • 通常分離されるピークが共溶出する
  • ピークの一般的な保持時間がシフトしている

環境

  • UPLC M-Class
  • nanoACQUITY UPLC

原因

通常、流量トランスデューサーはラボ環境の変化により、再度ゼロ調整する必要があります。

解決策

  1. ファームウェアのバージョンを確認し、最新バージョンがインストールされていることを確認します(現在、M-Class の場合のみ、ファームウェアをバージョン 1.56 にアップグレードする必要があります)。
  2. 両方のポンプに[Autozero Flow Transducers]の手順を実行します。結果が「Pass」であることを確認します。
  3. 既知のサンプルを使用してテストを実行し、問題が解決されたことを確認します。場合によっては、新しい流量が安定するまでに最大 10 回注入が必要になることがあります。

追加情報

M-class uBSM の新しいファームウェア(1.56)は、オートゼロキャリブレーションの耐久性を改善し、グラジェント前の uBSM アクチュエーターサイクルを修正します。既存の 1.53 または 1.55 ファームウェアをこのバージョンにできるだけ早くアップグレードすることをお勧めします。

新しいファームウェアとサポート文書をダウンロードするためのリンク: http://www.waters.com/waters/support...enttype%7CDWNL