メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

Empower 3 JP s/n計算で使用するノイズはどこで設定しますか? - WKB84696

Article number: 84696To English version

環境

  • Empower 3
  • システムスータビリティオプションあり

回答

clipboard_e6ff31de7ea23e6a4833daa094c7854af.png

■「ピーク出現範囲に中心があるブランク注入のノイズを使用」のチェックがONの場合
サンプルセットの「ブランク」列のチェックがONになっているチャンネルデータから自動的に計算されます。
各ピークのJP s/n計算に使用されたノイズは、ピークテーブルの「JPノイズ」に表示されます。

clipboard_ea7b5c2aeb7d924af025744251bd910f8.png

■「ピーク出現範囲に中心があるブランク注入のノイズを使用」のチェックがOFFの場合
解析対象のチャンネルデータからノイズを計算します。
この場合、解析メソッド「ノイズおよびドリフト」タブで、ピークが溶出していない範囲をノイズ計算範囲として指定する必要があります。
各ピークの半値幅の20倍の範囲を自動的にノイズ範囲として設定することはできません。また、ノイズ範囲として指定できる範囲は1箇所です。
各ピークのJP s/n計算に使用されたノイズは、「結果」画面の「クロマトグラムの結果」テーブルで「ピーク間ノイズ」に表示されます。
「結果」画面はクロマトグラム表示画面の「ウィンドウ」メニューから「結果」を選択すると表示されます。

clipboard_ec2d04717274cacbf99968704e155b34c.png