メインコンテンツまでスキップ
Waters Japan

ACQUITY または nanoACQUITY フロントエンドを搭載した質量分析計で観察される PEG 汚染 - WKB15751

Article number: 15751To English version

症状

  • PEG の汚染により観察されるイオン - 質量差 44 Da の繰り返しにより簡単に確認可能

環境

  • 質量分析計に付属したACQUITY(標準型、H-Class、または I-Class)
  • 質量分析計に付属した nanoACQUITY または M-Class

原因

  • ボトル/ガラス器具を石鹸で洗った
  • 溶媒交換時に UPLC 溶媒 または 溶媒フィルタに、ゴム手袋で触れた

解決策

M-Class および nanoACQUITY の場合は、以下のプロトコルを使用します。

  1. カラムを取り外し、ユニオンに交換する、あるいは、nanoACQUITY や M-Class の場合は、注入バルブのポート 6 に廃液ラインを接続します。
  2. 水/イソプロピルアルコール/メタノール/アセトニトリル = 25/25/25/25 に0.2% ギ酸を添加した溶液(アルコール混合液)に、LC の A ラインと B ラインを入れます。
  3. 5 分間プライムしてシステムを洗浄し、少なくとも 6000 psi の圧力を与える流量で少なくとも 2 時間送液します。
  4. 溶媒を IPA に変更し、ステップ 2 および 3 と同じ手順を実行します。
  5. 新鮮な LC/MS グレードの水または Milli-Q 水でプライムおよび洗浄します。
  6. LC に使用する新鮮な溶媒を接続します。溶媒ボトルを しばらくクリーニングしていない場合は、アルコール混合液を使用し、ボトルをクリーニングします。新鮮な溶媒で十分にすすぎます。
  7. カラム(できれば、新しいカラム)を取り付けます。
  8. 新鮮な溶媒を使用し、プライムを実施し、カラムをコンディショニングします。
  9. LC を MS に接続し、PEG の汚染を確認します。

ACQUITY (H-Class または I-Class)の場合、以下のクリーニング手順を使用します

追加情報